メニューをスキップして記事へ


ここから記事

自転車発電 使い方

TOP > 自転車発電 > 使い方

 

★まず自転車発電装置の板を平らなところに置きます。
★ 次に自転車の後輪がオルタネータの回転部に当たるように設置します。(このときに手でタイヤを軽く回してみてうまく接触しているかを確かめましょう)
★ ここで一度こいでみます。豆電球が点灯すればオッケーです。
★次にインバータを接続します。 ONにしてこいでみます。緑のランプがつけばオッケーです。
★ 手持ちの電化製品(扇風機、CDラジカセ、小型テレビなど)を接続します。
★ こぎ手の人がこぎ始めたら電化製品の電源を入れてあげます。
補助の人が後ろの荷台を支えてあげましょう。安定して発電することができます。


★その他、ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
電話 075-708-8152 FAX 075-708-8153 E-mail: hinodeya@hinodeya-ecolife.com

最終更新日:: 2015年12月 4日(金) 19:11 JST|閲覧数: 10,972