Ecolife情報 > 挑戦的な省エネ 【注意】過激な内容が含まれている場合があります。

パソコンの代わりにスマホを活用する

 パソコンとスマホで同じ作業ができるのであれば、スマホの方が消費電力は少なくなります。一例ですが、

 スマホは、電池容量が 3000mAh(3.6V)で6時間動作。

 ノートパソコンは、電池容量 6400mAh(14.4V)で6時間動作

 電圧が4倍、容量が2倍なので、パソコンのほうが8倍の電気を消費して使われていることになります。実際の商用電力の消費は、充電器やアダプタで使われるのですが、同じ比率と考えてもらっていいです。

 作業をするのには違いが出てくるのですが、WEB閲覧やSNS程度でしたら、スマホですませるのも一つの方法です。

 別に「スマホを利用したほうがいい」と言っているわけではありません。使わないほうが省エネになりますし、気持ちも楽になります。

 コメント



  編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   新規   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-29 (火) 10:39:05 (19d), by 有限会社ひのでやエコライフ研究所